中京法律専門学校 > 就職・進路 > 法科大学院進学

進学

法律科(4年課程)で「高度専門士」を取得し、法科大学院へ進学することが可能です。

法科大学院(ロースクールとは)

法曹に必要な学識及び能力を培うことを目的とした専門職大学院です。修了すると「司法試験の受験資格」と「法務博士(専門職)の専門職学位」が与えられます。 修了後は、司法試験受験の他、公務員(国家公務員 総合職 院卒者試験など)や企業(法務部門)への就職もめざせます。

中法からはじまる司法試験への道

法律科4年次に受験
「高度専門士」取得(見込み) により受験資格
各大学院の入学試験
Point
専門学校卒業時に付与される「高度専門士」により受験資格を満たせます。中法なら1年次から法律科目や資格試験を集中的に受講できるメリットがあります。
中央大学併修の場合、教養科目などの履修が必要になりますが、法曹界に多くの人材を輩出している中央大学の卒業生になるメリットもあります。
1年 2年
法科大学院
法学既修者2年コースでは法律科目を中心とした試験が行われます。(未修者3年コースもあり)
※法科大学院に進学せず、予備試験に合格して司法試験を受験することもできます。
Check
本校は低学費なので4年間の学費は私立大学より節約できます。
特待生制度を採用している法科大学院も多く、優秀な成績で特待生として大学院に入学できれば学費負担をさらに軽減することが可能です。
修了後5月
司法試験
司法試験に合格すると、司法修習1年間を経て法曹資格取得(弁護士・検察官・裁判官)となります。

Topics

1年次から法律学の勉強をスタート

本校は法学の講義が充実しており、1年次より法律の勉強をスタートできます。また少人数制教育で、法学について分からないことがあればいつでも先生に質問できる恵まれた環境です。法科大学院受験に必要な「適性試験」対策の講義を設置しているとともに各法科大学院の試験にも対応できるようにサポートを行っています。

名古屋で法律学の名門「中央大学」が併修できる

法曹界へ多くの人材を輩出している「中央大学」と提携し、中央大学法学部のカリキュラム履修により、高いレベルの法学教育が受けられます。中央大学法科大学院を中心に進学実績があり、毎年数名の方が大学院へ進学をしています。

2018年度:OB 2名合格(本校から神戸大学編入・愛知大学法科大学院修了後、本校から立命館大学編入・名古屋大学法科大学院修了後)/2016年度:OB 2名合格(2名とも本校卒業・中央大学法科大学院修了後)

司法試験合格者からメッセージ

真摯に向き合ってくれる中法の先生方の存在は思っているよりもずっと貴重なものです。学業に専念できる時間は限られています。1分1秒を大切にして学生生活を少しでも有意義なものにしてください。

自分で考えて取り組むことの大切さ。


法律科4年/香川県出身 善通寺第一高校卒、高松大学から3年次編入学
(2020年2月取材)
愛知大学法科大学院合格

大学の教育学部で学んでいたときに、学校でのいじめや体罰などの問題で法律が果たせる役割を知り、法律家として教育現場に携わりたいと思い、編入学してきました。法科大学院をめざすなら、ただ授業を聞くだけでなく、合格のために何が有効かを自分で考え、取り組むことが大切だと思います。自由にのびのび学べるこの学校の環境が、自分に合っていたと思います。将来はスクールロイヤーになるという目標に向けて頑張っていきたいと思います。

目標を達成するためにやるべきこと。


法律科4年/岐阜県出身 岐山高校卒、大阪経済法科大学から2年次編入学
(2020年2月取材)
愛知大学法科大学院合格

大学から2年次へ編入学してきました。最初の目標は行政書士で、3年生のときに合格しました。その次の高い目標として法科大学院を考えるようになりました。法科大学院入試は暗記や公式だけで乗り切れるものではありません。思考力が問われます。小論文対策では先生を頼り、分からないことは積極的に質問しました。先生が貸してくれた参考書にも助けられました。目標達成に必要なことはあたりまえですが地道な取り組みだと思います。

1年生からの積み重ねが実を結びました。


法律科 2017年3月卒業 (2017年2月取材)中央大学法科大学院合格(法学既修者2年コース)

入学時から法科大学院が目標でした。そのために特別な準備をしたのではなく、1年生からの積み重ねが合格につながったと思います。法科大学院の入試は、すべて論述問題。付け焼き刃でなんとかなるものではありません。3年生後半までに法律の基本的な知識を覚え、そこから過去問を解いて論述の勉強をしました。わからないところは先生に聞きに行き、勉強のやり方や進路についても相談にのってもらいました。
法科大学院と聞くとハードルが高そうなイメージがあるでしょう。確かに、合格の秘訣や近道はありません。でもそれは逆に、コツコツ勉強すれば誰にでも合格のチャンスがあるということです。中法での4年間、僕は自分で決めた道を信じてコツコツ取り組んできました。社会に出ても胸を張って中法の卒業生と言いたいです。キャンパスや学生数は小規模な学校ですが、ここにしかない魅力があります。

本校で法律や資格取得、公務員試験対策について学び、
志望する大学の3年次(または2年次)編入学をめざすことも可能です。

◆実務法律科(2年課程)から大学編入をめざす
専門学校から編入する一般的な方法で、
「専門士」取得が受験資格となります。
編入試験対策に時間が取りやすいという
メリットがあります。

◆法律科(4年課程)で中央大学を併修して大学編入をめざす
中央大学通信教育課程で編入学に必要な大学の単位を取得。
大学併修ができる中法ならではの方法です。受験先の選択肢が広がるメリットがあります。

大学の単位を活かして大学3年次編入(合計4年間)

大学2年次編入(合計4年間)

※3年次編入学に比べ募集している大学は少ないですが、2年次編入も可能です。
※取得単位数の規定は各大学の出願資格により異なります。

大学受験がうまくいかなかった人にも

大学全入時代。「選ばなければどこかの大学には受かる。しかし志望校レベルを落としたくない。浪人する時間・費用もない」という方には、効果的な学習で、時間のロスがない大学編入学という道があります。

法学の学びが
大学編入学試験にも活きてくる

大学受験と大学編入学では試験内容が違います。編入学試験では外国語・論文が中心です。本校の専門科目は「論理的に考える・記述する」ことが中心で、その勉強方法が編入学試験や編入学後の学びにも活きてきます。本校での資格取得や就職支援プログラムの受講は、大学編入後の就職活動にも有利です。

  • 資料請求
  • オープンキャンパス

学校法人 中京法律学校 中京法律専門学校

〒461-0023 名古屋市東区徳川町1804   TEL (052)935-3664 FAX(052)937-0938