資格取得

Qualification acquisition

進路選択に有利、
幅広い資格取得が目指せる

本校では在学中に数多くの資格を取得することを推奨しています。
学んできた成果がカタチになり、大きな自信にもなります。
難関の国家資格をはじめ、目標に合わせた受験対策で、幅広い資格取得をめざせます。

法律系国家資格取得プログラム

就職に有利になることはもちろん、将来の独立や開業もめざせる国家資格です。
難易度が高いものもありますが、取得すれば一生役立ちます。法律の基礎を学べる科目の他、資格試験合格に向けた対策講座も充実しています。本校では以下の資格取得を目指せます。

1:司法書士学習時間目安:2,000時間程度

司法書士とは裁判所や法務局などに提出するための書類の作成や登記申請手続の代理等を行うことを仕事とします。法律トラブルを解決することもでき、くらしの法律家と呼ばれる職業です。難易度が高い資格ですが、独立・開業をめざせる資格です。

試験内容
〈筆記〉憲法、民法、商法、刑法、不動産登記法、商業登記法、供託法、民事訴訟法、民事執行法、民事保全法、司法書士法
※筆記試験合格後、口述試験あり

対策講座は難易度も高いので、法律の基礎知識を身につけた2年次以降の受講をおすすめします。

対策講座は難易度も高いので、法律の基礎知識を身につけた2年次以降の受講をおすすめします。

授業Pick Up
司法書士(不動産登記法)

不動産登記法を中心として民法などの勉強も重ね、試験合格のための基礎を学んでいきます。法令・裁判例及び登記先例を中心に学びます。実務上の諸問題なども随時紹介し、実務に役立てる知識を提供していきます。※2021年度授業概要から抜粋

2:行政書士学習時間目安:500時間程度

行政書士とは依頼主に代わり官公庁提出書類の作成・提出代理を行います。街の法律家と呼ばれ、自動車登録、車庫証明申請書や各種法人設立申請書、営業許可申請書、外国人の出入国・帰化など、取り扱う書類は多岐に渡ります。取得をめざす人が多い人気資格です。

試験内容
〈法令等〉憲法、行政法、民法、商法、基礎法学
〈一般知識等〉政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解

公務員にも民間企業にも、有益な資格。法律学をしっかりと勉強してきた証明としても取得しておくと役立ちます。

公務員にも民間企業にも、有益な資格。法律学をしっかりと勉強してきた証明としても取得しておくと役立ちます。

授業Pick Up
行政書士法令基礎

授業の目標は行政書士試験に合格することです。憲法、民法、行政法、基礎法学等に関する基礎知識の確認を中心に授業を進めます。授業の最後に簡単なクイズを出題し、授業内容の理解度を確認していきます。※2021年度授業概要から抜粋

3:社会保険労務士学習時間目安:1,000時間程度

社会保険労務士とは労働・社会保険に関する専門資格です。企業が行政機関に提出する雇用保険、健康保険、厚生年金などに関する書類の作成・提出などを行うことを仕事とします。企業の管理部門(総務・人事など)で働く上でも有利な資格になります。

試験内容
労働基準法及び労働安全衛生法、労働者災害補償保険法、雇用保険法、労務管理その他の労働に関する一般常識、社会保険に関する一般常識、健康保険法、厚生年金保険法、国民年金法

専門士、行政書士資格取得者など、受験制限あり。実務と関連性が高く、社労士事務所就職後に取得をめざすことも可能。

専門士、行政書士資格取得者など、受験制限あり。実務と関連性が高く、社労士事務所就職後に取得をめざすことも可能。

授業Pick Up
社会保険労務士(社会保険法編)

社会保険制度である健康保険法、国民年金法、厚生年金保険法の基礎を中心に学びます。普段何気なく使用している保険証の意味や、例え学生でも20歳から支払いが生じる年金の「なぜ?」についても解説します。※2021年度授業概要から抜粋

4:宅地建物取引士学習時間目安:250時間程度

宅地建物取引士とは不動産取引にかかわる国家資格。土地・建物売買の仲介やアパート・マンションなど賃貸物件の仲介を行います。
不動産業を営む事務所等には、5人に1人の割合で資格保有が義務づけられており、不動産業界での就職に非常に有利な資格です。

試験内容
権利関係(民法等)、宅地建物取引業法、法令上の制限、税・その他

国家資格の中では取得しやすく、本校でも受験者が多く、合格者も多数輩出しています。

国家資格の中では取得しやすく、本校でも受験者が多く、合格者も多数輩出しています。

授業Pick Up
宅建基礎

宅建試験に必要な基礎知識の習得が目的の講座です。宅建試験の勉強を通して、法律や不動産・金融業界の実務が学べます。テキストの解説を中心に、過去問題の一問一答を解き、基礎知識の確認をはかります。※2021年度授業概要から抜粋

資格試験情報はこちら

ビジネス系資格取得プログラム

民間企業・法律事務職などでの就職活動においても役立ちます。初級・3級などのレベルから始め、級を上げて継続して勉強できます。本校では以下の資格取得を目指せます。

1ビジネス実務法務検定

社会に出てからビジネスで役立つ法律の知識を習得する検定資格です。企業における法務部門に限らず営業、販売、総務、人事などあらゆる職種で必要とされる法律知識が習得できます。

級・レベル
3級・2級・1級※講義での取得目標 3級・2級

2FP技能検定(ファイナンシャル・プランニング技能検定)

相談者のライフプランに合わせて資産運用のアドバイスなどを行う知識を身につけることができます。試験では年金や社会保険、生命保険の仕組みなど、お金・金融に関する知識が問われます。

級・レベル
3級・2級・1級※講義での取得目標 3級・2級

3法学検定

法学に関する学力を客観的に評価する検定資格で、憲法・民法・刑法など、法律知識が試験されます。法学をしっかりと学んだ証明にもなるため、就職活動などでも役立てることができます。

級・レベル
ベーシック(基礎)・スタンダード(中級)・アドバンスト(上級)※講義での取得目標 基礎・中級

4TOEICテスト(TOEIC® Listening & Reading Test)

英語によるコミュニケーション能力を幅広く測るテストで、英語を聞く力(リスニング)と読む力(リーディング)がスコアにより測定されます。就職活動や大学編入学試験などに活用できます。

級・レベル
990満点によりスコアを算出※講義での目標スコア 600点以上

5MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)

マイクロソフトオフィス製品のワードやエクセルの利用スキルを証明できる資格です。世界的に行われている国際資格でパソコンスキルを証明するためのメジャーな資格です。

級・レベル
アソシエイト(一般レベル)・エキスパート(上級レベル)※講義での取得目標 一般レベル

6日本情報処理検定協会 日本語ワープロ検定 情報処理技能検定

日本語ワープロ検定はワードでの入力及び文書能力を身につけた証明となる資格。情報処理技能検定はエクセルでの情報処理能力を身につけた証明となる資格です。

級・レベル
4級~初段

取得をめざせるその他の資格講座自体は開講されていませんが、本校学生は在学中に多くの資格を取得しています。

本校の学びと関連した資格

  • ・個人情報保護士認定試験
  • ・知的財産管理技能検定
  • ・知的財産法学試験
  • ・証券外務員
  • ・ビジネス著作権検定
  • ・ビジネスコンプライアンス検定
  • ・マイナンバー実務検定など

企業への就職をめざす人に
推奨している資格

  • ・ビジネスキャリア検定
  • ・秘書技能検定
  • ・ビジネス実務マナー検定
  • ・ビジネス文書検定
  • ・ビジネス能力検定
  • ・ビジネス電話検定
  • ・日商簿記検定 など

資格試験情報はこちら

VOICEVOICE

授業の中に資格対策講座があるメリット 法律科3年/愛知県出身 市立緑高校卒
(2020年2月取材)

入学前は資格のことは頭にありませんでした。この学校で学ぶ中で、自分なりの目標を立てようと思い、それには資格取得が最適と考えました。ビジネス系を中心に多くの資格を取得し、今は国家資格にも興味があります。毎日の授業や中央大学併修などもあり、限られた時間で資格の勉強をするため、私は資格対策講座の授業を大切にしています。真面目に先生の話を聞いて、しっかり復習する。その積み重ねで自然に勉強ができています。

<在学中の取得資格>
・ビジネス実務法務検定 ・FP技能検定
・秘書技能検定 ・日本語ワープロ検定
・情報処理技能検定