中法の学び

Features of Chuhou

法の基礎から応用まで、
選び・学び・目指す

「法の精神を指針に未来へ」を体現する中法の学び。
高度な法律専門科目を中心に、一人ひとりの志望に合わせた科目や対策講座を用意し、めざす進路へと無理なく着実に導きます。

「学問として法を学ぶ」科目と
「資格・試験に合格する」ための
科目を組み合わせて選択履修できる
中法の学び

学問として法を学ぶ

中央大学が併修できる本校には法学の科目が充実。中央大学を併修しない学生、実務法律科・行政教養科の学生も選択履修が可能です。
例えばこんな法律を学びます。

  • 憲法

    国家のあり方を決めたルールで、すべての法律の基本であり根本となるもの。真っ先に学んでほしい科目です。人には生命、自由、財産に対する権利があり、それを国家権力の濫用によって侵害されないための国家と国民の契約と考えるとわかりやすいです。

  • 民法

    法律は公法(国・地方団体と国民・住民間の法)と私法(私人間の法)に分類されます。民法は私法の一般法(広く一般的に適用される法律)で、とても身近な法律です。売買や結婚など日常生活で私たちが何気なく行っていることも、実は民法に規定されています。

  • 刑法

    犯罪とそれに対する刑罰を規定する法律です。いかなる行為が犯罪か、そしてそれに 対して科せられる刑罰が記されています。日常生活ではあまり意識することのない法律ですが、授業ではどのような場合にどのような犯罪が成り立つのかを学んでいきます。

  • 商法

    商売や商業に関する法律と思われがちですが、現代社会では実質的には“企業法”と 言えるでしょう。企業の組織、契約、取引などに関する法律です。すべての企業に適用されるものですが、授業では銀行取引や保険取引、証券取引など実用的な部分を学びます。

  • 行政法

    行政法は大きく分類すると、行政組織に関する行政組織法、行政の活動に関する行政作用法、国民の救済についての行政救済法の3分野からなります。行政だけが持つ税金徴収や逮捕など公権力の行使を授権し、規制するための法治主義が、行政法の原理と言えます。

  • 労働法

    人はみな働いて報酬を得ることで生活しています。労働法は、働く人を一定のルールで保護する法律で、そのルールを一つひとつ確認し、学んでいきます。ブラック企業や過労死など労働に関する問題が起こる中、将来社会人となるみなさんに学んで欲しい法律です。

カリキュラム

学問x資格試験

資格・試験で目標を達成する

専門学校として資格・試験合格をめざす科目も充実。学問の科目と組み合わせて学ぶことで、より理解を深めて学ぶことや、目標を達成してからの学びにも繋がります。例えばこんな分野で活用できます。

資格試験の学習が深まる

資格取得

法律に関する資格・検定、
幅広く知識を活用できます。

Check!
学問として関連科目を学ぶことにより、より理解を深めながら試験対策をすることができます。
また、複数の資格取得にも対応できる知識を身に付けていきます。

目標を持った学びで将来へ

公務員

法律知識を役立て実社会で活躍できます。

Check!
法律科目は、大卒程度の専門試験科目(都道府県・政令指定都市・裁判所職員など)にも対応しています。また公務員になったあとも役立つ知識を身に付けることができます。

さらに視野を広げる進学

大学編入

国立大学や有名私大での
試験問題にも対応できます。

Check!
専門試験に対応できるほか、法律を学ぶことで身につけた論理的思考力は、編入学試験で出題される論文や論述問題でも役立ちます。

プログラム・進路支援