中京法律専門学校 > 中央大学併修

中央大学併修

専門学校に在籍をしながら、大学卒業ができる!
法律学の名門「中央大学」との提携プログラム

法律科(4年課程)の希望者は中央大学法学部通信教育課程が併修できます。

本校と中央大学のダブルスクール

中京法律専門学校と同時に中央大学法学部通信教育課程に入学。2つの学生証を持ち、ダブルスクールで同時の卒業をめざします。
専門学校の強みである資格や公務員試験対策などを本校で受講。さらに中央大学が卒業できるレベルの法学教育を本校で学び、大卒の学歴を取得。中央大学は通信教育課程のため、名古屋地区に住みながら中央大学卒業の学歴を得ることが可能です。

法科の名門「中央大学」を卒業

中央大学卒業は、大学受験に合格し、通学課程を卒業する方法と、本校で併修可能な通信教育課程を卒業する方法があります。通信教育課程は、入学時に学力試験がありません。多くの方が学べる反面、卒業時に中央大学が認める学力レベルに達している必要があります。
大学受験でうまくいかなかった方や本校入学前、勉強に熱心でなかった方も、在学中に頑張れば名門大学卒業資格を最終的に手にすることができます。

「学士」の学位を取得

専門学校4年課程卒業の「高度専門士」に加え、大学卒業の「学士」取得は充実した学びの証明にもなります。「高度専門士」は文部科学省により学歴の面で大学同等と認定され、大学院進学も可能で、公務員試験では大卒同等扱いとなります。しかし、民間企業では「学士」のみが応募要件のところもあり、企業就職を志望する方にとっても意義のあるものになります。

レポート学習免除など提携校としてのメリット

本校で中央大学を併修する学生は、通信教育における学びの中心であるレポート学習が免除され、本校の講義で理解を深めながら中央大学の学習を進めていくことができます。
また本校で取得した単位(教養・語学科目)が中央大学の単位に換算される制度、事務手続きの代行、取得単位の管理など、提携校としてのメリットを活かし、計画的に卒業をめざすことができます。

通学課程への転籍も可能。他大学への編入学にもメリット

中央大学には通信教育課程から通学課程への転籍が可能となる試験も設置されています。1年から2年次と2年から3年次の2度の機会があります。難易度の高い試験ですが、この制度を使って転籍をめざすことも可能です。
また、中央大学通信教育課程から他大学へ編入学をすることもでき、専門士編入ができない大学への編入をめざすことができるなど、選択肢が広がります。

中央大学併修は大きな自信になりました。

進路:地方公務員
法律科 2019年3月卒業同時卒業 中央大学
愛知県出身 長久手高校卒 進路先:市役所(一般事務)

(2019年2月取材)

中央大学の併修は大変な部分もあります。科目試験にきちんと合格できるか、 予定通りに卒業できるかという不安もあります。それでも貴重な経験と得たものは私にとって大きなものでした。企業での就職活動では、できるだけ中法でエントリーをして、専門学校が不可の場合にだけ中央大学でエントリーをしました。面接の時などは、専門学校での学びに加えて、中央大学卒業予定ですと話すことによって、興味を持ってくださる面接官が多くいました。公務員試験の面接では「行政法は一般の大学生より2倍勉強しています」と胸を張って言えました。実際にそのような自信を持っていました。民間企業でも複数内定をいただき、公務員試験でも第一志望の市役所に最終合格できました。中央大学同時卒業も確定し、私には中法は心から通ってよかったと思える学校でした。

  • 資料請求
  • オープンキャンパス

学校法人 中京法律学校 中京法律専門学校

〒461-0023 名古屋市東区徳川町1804   TEL (052)935-3664 FAX(052)937-0938