中京法律専門学校 > 中央大学併修

中央大学併修

専門学校に在籍をしながら、大学卒業ができる!
法律学の名門「中央大学」との提携プログラム

法律科(4年課程)の希望者は中央大学法学部通信教育課程が併修できます。

本校と中央大学のダブルスクール

中京法律専門学校と中央大学、2つの学生証を持ち、同時卒業をめざします。専門学校の強みである資格取得、就職プログラムを本校で受講。さらに中央大学が卒業できるレベルの法学教育を本校で学びます。
専門学校と大学、2つの学校を卒業することは大変ですが、サポート制度と本校教職員が全面的にバックアップ。卒業を成し遂げた時、あなたが身につけたものは社会の中で大きな意味を持ちます。

法科の名門「中央大学」を卒業

中央大学卒業は、大学受験に合格し、通学課程を卒業する方法と、本校で併修可能な通信教育課程を卒業する方法があります。通信教育課程は、入学時に学力試験がありません。多くの方が学べる反面、卒業時に中央大学が認める学力レベルに達している必要があります。
大学受験でうまくいかなかった方や本校入学前、勉強に熱心でなかった方も、在学中に頑張れば名門大学卒業資格を最終的に手にすることができます。

「学士」の学位を取得

専門学校4年課程卒業の「高度専門士」に加え、大学卒業の「学士」取得は充実した学びの証明にもなり、将来の可能性が広がります。「高度専門士」により大学院進学も可能で、公務員における待遇は大学卒業者と同等です。しかし文部科学省により学歴の面で大学同等と認定されているものの、一部認知が低い企業もまだ存在します。そのため、「学士」も取得しておくことは、企業への就職をめざす方にとっては意義のあるものとなります。

名古屋で中央大学卒業をめざすことができる!

本校のカリキュラムは中央大学カリキュラムに則したものが組み込まれ、本校の学びで理解を深めながら中央大学の学習も進めていくことができます。また単位換算制度など提携校としてのメリットもあり、無理なく卒業をめざすことができます。スクーリングなどはありますが、基本的には名古屋にある本校で学ぶことにより同時の卒業をめざしていくことが可能になっています。

通学課程への転籍も可能。他大学への編入学にもメリット

中央大学には通信教育課程から通学課程への転籍が可能となる試験も設置されています。1年から2年次と2年から3年次の2度の機会があります。難易度の高い試験ですが、この制度を使って転籍をめざすことも可能です。
また、中央大学通信教育課程から他大学へ編入学をすることもでき、専門士編入ができない大学への編入をめざすことができるなど、選択肢が広がります。

知識+将来につながる経験ができます。


法律科1年/大阪府出身 東住吉高校卒

(2018年2月取材)

中央大学の転籍をめざして入学しました。しかし、今は勉強していく中で、資格取得の勉強に集中したい気持ちが強くなっています。大学資格は中央大学の通信教育課程を4年間で卒業して取得したいと思っています。今年の夏にはスクーリングにも行きました。短い期間で多くをギュッと学ぶので、集中していないと大変ですが、その時に知り合った熱心に学ぶ受講者の人とも話ができ、貴重な経験にもなりました。

法律を深く知ることで成長を実感。


法律科3年/愛知県出身 長久手高校卒

(2018年2月取材)

3年生になり履修できる法律専門科目が増えました。1・2年生の時には参加しなかった夏のスクーリングにも今年は参加し、多くの単位を取得する見込みです。法律に触れる時間も増え、より専門的な知識を学び、自分の成長を実感しています。定期試験や資格試験、アルバイトなど忙しいですが、充実した毎日です。先生には質問や相談や添削などをお願いして、良い意味でフル活用させてもらってます。

  • 資料請求
  • オープンキャンパス

学校法人 中京法律学校 中京法律専門学校

〒461-0023 名古屋市東区徳川町1804   TEL (052)935-3664 FAX(052)937-0938