在校生Interview

国家公務員合格・地方検察庁(検察事務官)に内定!

法律科4年(中央大学併修) ※2022年10月取材

進路:国家公務員・地方検察庁(検察事務官)

公務員試験合格、内定が決まった率直な感想を教えてください。

素直に嬉しい気持ちでした。就職先を選ぶ上で、何を一番大切にすべきか、沢山悩んだ上で立てた目標でした。それを実現でき、やっとスタートラインに立つことができたと思いました。

内定先はどのような仕事をするところですか?

検察事務官として、検察官を補佐し、又はその指揮を受けて捜査及び公判活動に携わります。捜査官として、犯罪の捜査や逮捕状による逮捕などを行う捜査公判部門、罰金の徴収などを行う検務部門、総務及び会計などを扱う事務局部門などに配置し、職務にあたります。

公務員や内定先の仕事をめざした動機を教えてください。

公務員を目指したのは、国民の日常生活を守りたいと考えたからです。内定先の仕事を目指したのは、犯罪をした人を厳しく追求しながらも更生を願う人間味溢れる仕事に魅力を感じ、法秩序の維持に貢献したいと考えました。

公務員学力試験の勉強方法、進め方をどのようにしたか教えてください。

国家一般職は、専門科目で最低8科目を揃えなければなりません。そのために、学部で専攻している法律科目の学力を高めつつ、得点しやすい学系科目を見極めていました。教養科目に関しては、全教科揃える時間的な余裕がなかったので、センター試験で使用した科目のみ勉強しました。

公務員試験の勉強を開始した時期と平均的な勉強時間を教えてください。

3年次の夏休みから、専門科目の勉強を本格的に始めました。
勉強時間は、800時間程度だと思います。平均して1日5〜6時間を継続して勉強時間として使い、直前期は10時間程度やっていました。

面接対策はどのようなことをしましたか?

自己分析です。
自分の強みと良さは何かを徹底して探し、分かりやすく伝えられるようにしました。また、ハキハキ明るく話すことが面接の上で一番大切だと考えていました。そのために、結論ファーストで面接官との会話を意識していました。

試験に合格できたポイント・内々定できたポイントはどこにあったと思いますか?

試験時期から逆算して計画を立てたことだと思います。
公務員試験は長期戦なので、途中で飽きてしまったり、民間に目移りしてしまうと、遠回りになってしまいます。
また、私は複数の資格を持っていたため、仮に公務員試験に全落ちしても就職浪人はせずに済むと思っていました。その心のゆとりが公務員対策に専念できたと思います。

中京法律専門学校に入学した動機・経緯は?

比較的小規模な専門学校と言う環境で、落ち着いて勉強できると考え、入学しました。また、大卒の資格を取ることができることも魅力的でした。

中央大学併修の両立は大変でしたか?また中大併修のメリットを感じたことがあれば教えてください。

両立が大変ではなかったと言ったら嘘になります。しかし、自己管理を徹底したことで、充実した4年間になりました。
中大を併修することのメリットは、大学の授業の雰囲気を味わうことができることだと思います。主に学部での勉強は、本を読み、論理的に私見を持つことだと思います。日常では専門での授業に専念し、知識の習得に励み、大学のスクーリングなどでさらに学問として深めることができると思います。

本校の学びやサポートで役に立ったことがあれば教えてください?

授業全般が公務員試験にとても役に立ちました。1年次での必修科目が土台となり、2年次や3年次での学びへとつながります。
日々の授業では、困ったことや分からないことをその都度聞いて解決することができました。
資格試験講座は、その道のプロの方が担当してくださっているので、安心して相談することができました。

本校で学んだことで、仕事や社会に出て活かせると思うことはありますか?

法律を読み学ぶ基礎を作ることができたことだと思います。頻繁に新しい法律ができたり改正があるので、この4年間で学んだことはいつまでも役には立ちません。しかし、勉強の仕方を身につけることができたので、入庁後も継続して学び続けられると考えています。

公務員をめざす後輩へのアドバイスをお願いします。

自分にとって一番大切なものは何なのか考えてみるといいと思います。職務の向き不向きは就職後でなければ分かりません。待遇や勤務地など、働き方は目まぐるしく変化しています。
時期に応じて様々な不安が押し寄せてくるかと思いますが、周りの人に相談しながら、無理をしすぎず頑張ってください。応援しています。

中京法律専門学校への入学を検討している人にメッセージをお願いします。

入学前にイメージしていた通り、落ち着いて勉強できる環境です。専門学校の先生方は親切な方ばかりで、私たち学生のことをよく見てくださっています。何に関心があるのか、自分から話してみると色々な道を示してくださいます。
入学当初、私は明確にやりたいことはありませんでした。しかし、資格取得やアルバイトなどの社会活動を通して、自分の興味関心が段々と分かるようになりました。入学を検討されている方で、今は特にやりたいことがなくても、きっと1つは面白いと思えることが見つかると思います。

これからの目標・取り組みたいことがあれば教えてください。

広い視野を持って働くことが目標です。社会正義の実現という目指すべき道を見失うことがないようにしたいと思います。
職務においては、交通事故関係に関心があります。立会事務官や事件•令状を担当しながら、丁寧に着実に事件を処理できるようになりたいです。また、国民の方や検事、先輩や同僚から信頼される事務官になりたいです。

  • 卒業生インタビュー
  • 講師インタビュー

他のインタビューはこちら

  • 国家公務員(労働基準監督官)合格!

    法律科4年(中央大学併修) ※2022年10月取材

    インタビューをみる

  • 同志社大学法科大学院に合格!

    法律科4年(中央大学併修)/[京都府]大谷高校卒 ※2022年9月取材

    インタビューをみる