中京法律専門学校 > 中法の声 > 卒業生の声 > 卒業生の声04(実務法律科)

誰でもやる気があれば、道は必ず開けます。

編入学試験で取り組んだこと
名古屋大学法学部への編入学を第一志望に、日本のこの学校に入学。その思いを先生や職員のみなさんが後押ししてくださいました。まず編入のために取り組んだのは情報収集です。過去問を集めて小論文対策をひたすら先生とくり返しました。授業はもちろん先生から個別に出題されたテーマを論述し、細かく添削してもらい自信がつきました。

編入学試験合格の秘訣は
苦手な英語は、夏休みに毎日学校に来て朝から自習。また一次試験を通った後は面接までの2週間、毎日4〜5回の面接練習にも先生は付き合ってくれました。自分から働きかければ、必ずサポートしてくれる。中法にはたくさんの良い先生がいます。誰でも意思とやる気さえあれば、めざす進路への道が必ず開ける。そんな学校だと思います。

ロシア出身で高校はアメリカ。でも日本の大学で学びたかった。将来は貿易関係のビジネス法務の仕事に就きたいと思っています。中法からその一歩が始まりました。

  • 資料請求
  • オープンキャンパス

学校法人 中京法律学校 中京法律専門学校

〒461-0023 名古屋市東区徳川町1804   TEL (052)935-3664 FAX(052)937-0938