中京法律専門学校 > ニュースリリース > トピックス > <受験生の方へ> 大学編入で志望大学へ、中央大学併修も

新着情報

2018.02.14

トピックス<受験生の方へ> 大学編入で志望大学へ、中央大学併修も

 

中京法律専門学校は「大学編入学」によって、志望大学をめざすことができます。

また、中央大学提携校として大学併修ができるので、法科の名門「中央大学」を卒業することもできます。
希望をすれば、在学中に中央大学から他の大学に編入学、中央大学法学部内で通学課程への転籍もめざすことができるので、選択肢が広がります。

 

 

 <大学受験がうまくいかなかった場合の第3の選択として>

大学受験の結果によって、志望大学に受からなかった場合に考えられる選択肢としては次の方法が一般的です。

第1の選択 受かった大学へ進学 
大学全入時代であり、大学ならどこでもいいということであれば、探せば受かる大学はあります。
短期的なところでいえば、浪人する年数と費用を削減できるメリットもあります。受験勉強から解放されることも大きなメリットかもしれません。
ただし、不本意なまま大学へ入学し、気持ちを切り替えることができないと授業にも集中できず、モチベーションを保てません。
新たな目標に向かってその大学で頑張れればよいのですが、「自分はこんな大学にくるはずじゃなかった」とずっと後悔する人もいます。

 

第2の選択 浪人をして志望校をめざす
浪人をすると1年間は費用も掛かりますし、現役で大学に入学した人よりも遠回りすることになるかもしれません。しかし、浪人後に国立大学へ合格できれば、私立大学へ現役で行った人よりもトータルで学費が安くなりますし、浪人した1年も決して無駄にはなりません。

 

 

中京法律専門学校ではこれらの選択以外に次のような方法で志望大学をめざすことが可能。

第3の選択-A 大学編入学 
名古屋大学など国立大学・難関大学へ 実績で選ぶなら中京法律専門学校

大学編入学の魅力は、浪人するような時間のロスがなく、国立大学などの難関大学をめざせることです。
また受験科目が大学受験のように幅広い範囲ではないため、国立大学でも英語と専門科目・小論文という限定された科目でチャンスが広がります(本校からの編入は法学部・文系が中心となります)。
大学編入学においても、大学を選ばなければどこかの大学には必ず合格できます(指定校もあります)。ただし、難関大学への合格は、勉強し続ける本人の強い意志が大切です

大学編入学特集

大学編入をめざす方へ

 

第3の選択-B  中央大学を通信教育で卒業(大学編入も選択可能) 
有名大学への受験は、大学入学時にその大学の基準となる学力が必要です。
ただし、本校で併修できる中央大学のように、有名大学でも通信教育では入学時に学力選考が行われません。
その代わり卒業するまでにその大学の基準を満たす学力が認められなければいけません。入学後にしっかりと単位を積み重ね、努力によって、有名大学卒の学歴を手に入れることができます(卒業時に大学卒業の「学士」の学位が授与されます)。
中央大学の通信に在籍しながら、大学編入学をめざすこともでき、大学から大学へ編入学できるメリットは、他の専門学校にはない本校ならでは魅力です。中央大学通信教育課程には通学課程へ転籍できる試験が用意されており、2018年3年次転籍試験にも本校学生が合格しています。

中央大学併修

IMG_2832 (1)

  • 資料請求
  • オープンキャンパス

学校法人 中京法律学校 中京法律専門学校

〒461-0023 名古屋市東区徳川町1804   TEL (052)935-3664 FAX(052)937-0938