中京法律専門学校 > ニュースリリース > 入学情報 > <入学案内> 公務員をめざす方へ

新着情報

2013.12.15

入学情報<入学案内> 公務員をめざす方へ

 

公務員試験のシーズンが終わり、 試験結果によって進路が決定または進路を考えなおす時期となりました。

 

本校においても、在籍学生夏期公開講座「公務員試験対策講座」を受講した高校生の方から、公務員試験最終合格の報告をいただきました。

合格おめでとうございました。 卒業後、公務員として社会でのますますの活躍を期待してます。

合格者インタビューは こちら

 

その一方、1次試験では合格したが、最終合格ができなかった方からの報告もありました。

近年、1次試験での合格を多くし、2次試験での選考を重視するところが増えている傾向があります。そのため、公務員試験において、学力試験対策以外のところも非常に重要となってきます。

これは最終合格まで個人で対策を行うことはかなり難しいということと1発合格をすることが難しくなってきている傾向があるということをいうこともできます。

 

次年度、再受験をする方、これから公務員をめざす方へ

中京法律専門学校へ入学して公務員をめざしてみませんか?

 

本校から公務員試験をめざすメリットをご紹介します。

 

メリット1) 少人数教育・担当教員による個別指導

本校はクラス担任制になっています。また公務員試験対策担当教員が一人ひとりをバックアップする環境が整っています。

授業以外でも、質問や困ったことがあれば教員にいつでも相談することができます。

学力試験では、自分の苦手科目の克服方法、試験テクニックなど、個別にアドバイスをもらうことができるので、勉強がはかどり、学力が確実にアップします。

また、重要になってくる論文や面接対策でも個別指導ができるので、最終合格がグッと近づきます。

 

メリット2) 再受験がしやすい学科編成

本校の学科編成は、行政教養科(1年課程)・実務法律科(2年課程)・法律科(4年課程)となっています。上級課程へは転科もできるので、再チャレンジが可能になります。

実務法律科(2年課程)の1年生のときに、合格をすれば中退して公務員になることも可能です。

また、法律科(4年課程)に転科をすれば大卒程度への受験も可能となります。

学科案内は こちら

※各科卒業後、法律研究科(年間3万円)に在籍をして、年齢制限の限り試験にチャレンジすることも可能です。

 

メリット3) 公務員に合格できなかった場合の志望変更が可能

本校は公務員の授業も選択履修制になっています。公務員だけの学校ではないことをデメリットに感じる方もいる反面、他のことも学ぶことができる、公務員から他の分野へのシフトチェンジがしやすいというメリットもあります。

公務員試験合格をめざすことは第一前提としながらも、万が一公務員の道がダメだったときに、公務員試験から資格試験へ、一般企業就職へ など、リスクを回避することができます。公務員の科目で取得した単位は活かすことができるので、すべての勉強がムダにはなりません。

また、法律学を学べることは、公務員になってからも必要な学力を身につけることもできます。

 

本校の公務員対策に興味をお持ちの方は、公務員ガイダンスも個別で行っています。

よろしければ是非一度お越しください。     イベント情報

 

 

 

 

  • 資料請求
  • オープンキャンパス

学校法人 中京法律学校 中京法律専門学校

〒461-0023 名古屋市東区徳川町1804   TEL (052)935-3664 FAX(052)937-0938