中京法律専門学校 > 中法の学びガイド > 法科大学院進学対策プログラム:法律科

プログラム内容

法科大学院進学対策プログラム:法律科

法律科(4年課程)は1年次から法律の専門的な学びをすることができ、卒業時に「高度専門士」を取得することにより法科大学院への受験資格を満たすことになります。また、法曹界に多くの人材を輩出している中央大学法学部を併修することもでき、弁護士・検察官・裁判官をめざす方にとって、充実した学びができる学校です。
法科大学院進学希望者は、3年次より対策プログラムを行い、受験校の選択から、試験対策まで、個別指導も行っています。

法科大学院進学

法科大学院の試験内容

「法科大学院全国統一適性試験」受験後、各法科大学院で次のような試験形式を受験することになります。
・法学未修者(3年制) 試験内容例)書類・論文・面接
・法学既修者(2年制) 試験内容例)書類・論文・面接、法律科目試験(憲法・民法・刑法など) 
 ※法学既修者は事前に「法学既修者試験」(日弁連法務研究財団)受験が必要な場合があります。
 ※本校から未修・既修ともに受験可能です。

法科大学院(ロースクール)とは

「法曹養成(弁護士・検察官・裁判官)に特化した教育を行うプロフェッショナルスクール」です。
法科大学院修了→司法試験に合格→司法修習1年間を経て法曹資格取得となります。
※法科大学院を修了してなくても予備試験に合格で、司法試験を受験することができます。

対応科目

「法科大学院(推論・分析力)a」「法科大学院(推論・分析力)b」「法科大学院(読解・表現力)a」
「法科大学院(読解・表現力)b」

本校のカリキュラムは選択履修制です。各科で選択可能な講義を履修することにより、各種プログラムを受講することができます。資格取得から就職・進学まで、目的にあった勉強をすることが可能です。
※履修の状況により複数のプログラムを受講することもできます。

プログラム一覧へ戻る

  • 資料請求
  • オープンキャンパス

学校法人 中京法律学校 中京法律専門学校

〒461-0023 名古屋市東区徳川町1804   TEL (052)935-3664 FAX(052)937-0938