中京法律専門学校 > 中法の学びガイド

中法ではどんなことが学べるの?学びの方法は?中法でできる学びをガイド!

中法の学び ガイド

学ぶ年数を科によって選択

[法律科(4年課程)] [実務法律科(2年課程)] [行政教養科(1年課程)]
学ぶ年数は、設置された科によって違います。目的にそって、学ぶ年数を選択可能です。さらに学びたい方は転科もできる柔軟な学びのスタイルです。

受講科目は選択履修制

必修科目が最小限にされており、受講したい科目を履修できるシステムです。決められたコースではないので、履修によっては志望変更も柔軟に対応できます。 受講科目を組み合わせることにより、様々なプログラムが受講可能。教養科目・外国語科目などが必修ではなく、選択履修制なので、1年生から専門的な勉強がスタートできます。それにより資格取得には早期からチャレンジできます。

幅広いプログラムが目標達成を可能に

資格取得・就職・進学 目的に合ったプログラムが選択できる!
プログラムは履修の状況により複数選択することも可能

法律系国家資格取得プログラム

取得をめざせる資格 行政書士
社会保険労務士
宅地建物取引主任者
司法書士(別科あり)

ビジネス系資格取得プログラム

取得をめざせる資格 ビジネス実務法務検定
法学検定
日本語ワープロ検定
情報処理検定など

公務員試験対策プログラム

試験対策は、授業で受講。国家公務員、地方公務員・警察官・消防官などをめざせる

中央大学併修プログラム

専門学校でありながら、大学卒業も可能(中央大学法学部通信教育課程併修)。

大学編入学対策プログラム

2年課程からステップアップ。大学受験がうまくいかなかった人も中法で学び、志望の大学へ

法科大学院進学対策プログラム

弁護士・検察官・裁判官をめざし、法科大学院進学も可能

  • 資料請求
  • オープンキャンパス

学校法人 中京法律学校 中京法律専門学校

〒461-0023 名古屋市東区徳川町1804   TEL (052)935-3664 FAX(052)937-0938